住宅ローンについて

団体信用生命保険(団信)

住宅ローンの団体信用生命保険

団体信用生命保険とは

住宅ローンは、長期間にわたり返済をしていく契約になります。返済期間中に契約者が万一のことがあった場合、返済が出来なくなってしまう可能性があります。もしもの時のための保険として団体信用生命保険があります。
団体信用保険(通称:団信)は保険契約者様が死亡や高度障害を患った場合に住宅ローンの残金を生命保険会社が返済する仕組みの保険になります。

基本的には住宅ローンを借りる場合は、団体信用生命保険の加入を条件としています。
万一の場合に備えて団体信用生命保険の加入をお勧めします。

団体信用生命保険は、住宅ローンを利用する債務者を被保険者、債権者になる銀行などの金融機関が保険契約者、保険金受取人とする保険契約になります。
住宅ローンの借入をする債務者が返済期間に死亡または所定の高度障害状態になった場合に、残高に相当する保険金を債権者である金融機関などに支払いをします。
それぞれの金融機関で、また各プランで保障内容が異なりますので、ご自身に合ったものを理解して契約することが大切です。

団信の仕組み

団体信用生命保険(団信)は、銀行など金融機関の債権者が保険契約者及び保険金受取人、金融機関から住宅ローンの融資を受けている債務者を被保険者とする生命保険会社との保険契約になります。
住宅ローン利用者(債務者)が住宅ローンの返済期間中に死亡や高度障害に陥った場合、生命保険会社から銀行などの金融機関へ残債を支払われる仕組みになります。
被保険者が保険金を受取って、金融機関へ返済するのではなく、生命保険会社から金融機関へ支払われます。

基本的には多くの住宅ローン商品は団体信用生命保険を加入条件としています。
例外として「フラット35」など、任意のものもあります。

保険料・支払い

団体信用生命保険の保険料は、一般的には金利に含まれており、毎月の返済額に含まれています。
生命保険会社との契約は銀行などの金融機関になりますので、保険料は金融機関が支払います。

団信の保障内容

住宅ローン利用者に万一のことがあった場合は、返済が不可能になり住宅ローンが残ってしまします。
万一の場合も考えて、団信に加入することは大切です。
また、保障内容も金融機関、プラン・特約により様々ですので、保障内容をしっかり理解して契約することが大事です。

団体信用生命保険は様々な特約が付いた「がん団信」「3大疾病団信」「7大疾病団信」などの商品がありますので、ご自身に合ったものを選択すると良いでしょう。

団信の保障内容は商品により保障内容が異なります。
保障内容により、保険料も変わります。

団体信用生命保険(特約なし)

特約なしの団体信用生命保険は、住宅ローン利用者(被保険者)が死亡または生命保険会社が定める高度障害状態に陥った場合に残金を保険金として生命保険会社が金融機関へ支払われる保険契約になります。

高度障害状態について

高度障害状態とは、以下に示す状態に陥った場合としています。

  1. 両眼の視力を全く永久に失ったかた
  2. 言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったかた
  3. 中枢神経系または精神に著しい障害を残し、終身常に介護を要するかた
  4. 胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するかた
  5. 両上肢とも、手関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったかた
  6. 両下肢とも、足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったかた
  7. 1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったかた
  8. 1上肢の用を全く永久に失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったかた

がん特約付き団信

がん特約付き団体信用生命保険は、一般の団体信用生命保険の保障内容である死亡及び高度障害に追加して、がんと診断された場合の保障が追加されます。
死亡・高度障害状態に加えて、がん診断確定時に残債務の支払いがされます。
がんにかかってしまった場合、住宅ローンの返済が難しくなるために、そのもしもの時に備える特約になります。

日本人のがんになる割合は高い割合にあるので、重要な保障内容になります。
ですが、金利を上乗せして加入することになりますので、しっかり検討が必要になります。
各金融機関、生命保険会社で条件・保障内容などに違いがありますので、そちらも確認が必要です。

がん特約付き団体信用生命保険は生命保険の一種になりますので、健康状態の告知義務があります。
告知内容によっては、加入できない場合があります。

三大疾病保障特約付き団信

特約の付いていない団体信用生命保険は、死亡または高度障害について保障されていますが、そのほかの病気やけがについては保障対象外になります。
三大疾病保証特約付き団体信用生命保険は死亡・高度障害のほか、三大疾病についても保障の範囲とされます。
三大疾病とは、「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」になります。三大疾病は日本人の死亡原因の上位になります。

三大疾病保障特約は死亡・高度障害状態に加えて、 がん・急性心筋梗塞・脳卒中の三大疾病にかかり被保険者が住宅ローンの返済が厳しくなった場合に、生命保険会社から金融機関へ残金を弁済する特約です。

保障内容や条件は各金融機関や各商品により異なりますので、よく調べて確認することが大切です。

八大疾病保障特約付き団信

八大疾病保障特約付き団体信用生命保険は、死亡・高度障害に加えて、三大疾病の「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」、生活習慣病の「高血圧症」「糖尿病」「慢性腎不全」「肝硬変」「慢性膵炎」で所定の状態になった場合に保障される特約になります。

金利に上乗せされて毎月の支払額は増えますが、手厚い保障が受けれます。
ご自身のライフスタイルに合うように検討が必要です。

八大疾病保障特約付き団体信用生命保険も金融機関・商品により保障内容・条件が異なりますので、しっかりと確認することが大切です。

当物件についてお問合せ

-住宅ローンについて

© 2021 賃貸・売買住宅情報サイト~住情~