住宅・物件購入の資金計画

家計の把握

家計簿で収支の把握

住宅を購入するには資金計画を立てることが大切です。
一般的には、住宅ローンを利用して住宅を購入する方が多いと思います。
住宅ローンの毎月の返済可能額を余裕をもって設定することが大事です。
まず、家計簿をつけて現在の収入と支出しっかり把握しましょう。
そうすることにより、無理のない返済プランを立てることができます。

家計簿をつける

家計簿をつけて、家計を把握して余裕のある住宅ローンの返済可能額を決めることが大切です。
また、家計の見直しや節約にも役立ちます。

毎月の収入と支出を項目分けして付けていき、家計の流れを整理しましょう。

家計簿の項目

収入と支出に分けて項目を決めて記載していきます。

収入は夫の収入と妻の収入や副業や投資収入などを記載します。
税金や保険料差し引いた手取りの金額になります。

支出の項目

種類 項目 内訳
固定費 住居費 家賃
住宅ローン
共益費
管理費
修繕積立費
駐車場費
町内会費など
水道光熱費 水道代
ガス代
電気代など
通信費 携帯
インターネット
固定電話
宅配便料金など
保険料 生命保険
火災保険
自動車保険
医療保険
介護保険など
変動費 食費 食材購入費用
飲料水・酒代・お菓子
調味料など
日用品 洗剤、トイレットペーパー、シャンプーなどの消耗品
雑貨
衣料品
家具
文房具など
交際費・娯楽費用 飲み会やデート費用
知人への贈り物・プレゼント
冠婚葬祭費
趣味にかかる費用
交通費 電車やバスなどの公共交通機関の運賃
ガソリン代
高速料金など
教育費 子供の学費
教材などの費用
習い事などの費用
美容費 化粧品
エステ
美容院費
医療費 通院
入院費
医薬品購入費用
特別費 毎月かからない特別にかかる費用
イベント事など
家電の購入
旅行など
その他・雑費 上記以外にかかった費用

住宅購入予算

家計を把握して、住宅購入後の無理のない毎月の住宅ローン返済額を決めて、住宅購入予算を算定しましょう。
きちんと貯金が出来て、今後のイベントに支払いができる余裕を持った設定が大切です。

家計の把握とライフプランを決めて検討が必要です。

当物件についてお問合せ

-住宅・物件購入の資金計画

© 2021 賃貸・売買住宅情報サイト~住情~