住宅・物件購入の資金計画

その他の諸費用

中古マンション購入の諸費用

住宅購入について土地や物件の購入価格とは別に、諸費用が掛かります。
不動産売買契約にかかる諸費用・住宅ローンにかかる諸費用・税金関連の諸費用が必要になります。
また、上記以外にかかるそのほかの諸費用についてみていきたいと思います。

管理費・修繕積立金等の清算金

マンションを所有すると、毎月、管理費と修繕積立金の支払いが発生します。
通常、毎月先払いで管理費と修繕積立金を支払いします。

中古マンションを購入の場合は、売主が管理費と修繕積立金を支払っていますので、引渡し・決済日以降の分を買主が売主に支払い、日割で清算します。

司法書士への報酬

不動産の登記を行う場合は、登録免許税と司法書士などに代行してもらう場合の司法書士などへの報酬が必要になります。

登録免許税は所有権移転登記(土地、中古建物)、所有権保存登記(新築建物)、抵当権設定登記(住宅ローン)などについて税金が発生します。
条件を満たしていることにより、軽減措置を受けることができます。

不動産登記はご自身で手続きを行うことも可能ですが、専門的な知識が必要になり、登記の方法を調べたり、情報収集、申請など、多くの労力・手間や時間がかかってしまいます。
そのため、申請手続きは司法書士へ依頼するのが一般的です。
司法書士へ依頼した場合の手数料の相場は5万円~10万円になります。
不動産業者からの紹介で司法書士に依頼するのが一般的ですが、報酬額は司法書士事務所によって様々ですので、いろいろと調べてみると節約につながる可能性もあります。

引渡し後にかかる費用

決済・引渡しが完了したら、入居へと進みます。
引渡し後にかか費用として、引っ越し費用や家具・家電の購入費用、その後の管理費用・修繕積立金(マンション購入の場)駐車場代などがかかります。
資金計画を組む際には、上記のような費用も含めて検討しましょう。

当物件についてお問合せ

-住宅・物件購入の資金計画

© 2021 賃貸・売買住宅情報サイト~住情~